会社概要

オ-ブグル-プ沿革

画像

1958年(昭和33年) 大阪市堂島において、司匠工作所を創業。
1962年(昭和37年) 法人組織として(株)竹内電機製作所を設立。
繊維関係機器の製作。
鉄片検出器ATTERを発売。
静電気除去装置デスタットを発売。
1972年(昭和47年) 資本金200万円にて、日本金属探知機製造(株)を鉄片検出器、測定器部門の専門会社として設立する。
自社商品として、金属探知機、自動絶縁耐圧試験機、NC制御装置の開発製造販売を開始する。
鉄片検出器が、トヨタ自動車の指定検査設備に認定される。
1973年(昭和48年) 特注品として、各種計測器、マイコン応用装置の開発を受託する。
1974年(昭和49年) 日本金属探知機製造(株)は、海外貿易部門を開設し、海外へ
シ-ケンスコントロ-ラ-等の輸出を開始する。
1981年(昭和56年) (株)竹内電機製作所資本金1,200万円に増資。
日本金属探知機製造(株)資本金800万円に増資。
1987年(昭和62年) (株)竹内電機製作所資本金2,400万円に増資。
日本金属探知機製造(株)資本金2,000万円に増資。
1989年(平成元年)  (株)竹内電機製作所・日本金属探知機製造(株)・ビ-アンドエス(株) の3社をオーブグループとし、各社のグル-プ化CIを実施。
新型鉄片検出器ATTER-DSを発売。(日本金属探知機製造)
 資本金250万円にてビ-アンドエス(株)を、オ-ブグル-プへの部材供給会社として設立し、購買力の強化、集約を計る。
1991年(平成3年) 品質向上を目指しグル-プ全体でTQCを導入。
新型鉄片検出器ATTER-DSを発売。(日本金属探知機製造)
1992年(平成4年) 新型静電気除去装置デスタット303を発表。(竹内電機製作所)
全金属対応型金属探知機ATTER-V8シリ-ズを発売。(日本金属探知機製造)
鉄片吸着器ハリキャッチャ-HC-500,HC-300を発売。(日本金属探知機製造)
1993年(平成5年) 東京都台東区に日本金属探知機製造(株)東京営業所を開設する。
卓上型検針器ATTER-78を発売。(日本金属探知機製造)
2チャンネル型鉄片検出器ATTER-DS2を発売。(日本金属探知機製造)
プリント基板検査装置システムチェッカ-を発売。(日本金属探知機製造)
1994年(平成6年) より消費者に直結した商品づくりをするため、オ-ブグル-プ3社の係長以上の従業員が共同出費でコアヘルス(株)を資本金1,000万円にて設立。
主力商品『 ハイカルシウム 』を発売。
ハイカルシウム入りキャンディ-『 はいかる倶楽部 』を販売。(コアヘルス)
ワンタッチクランプ『 でだすけ君 』を発売。(竹内電機製作所)
1995年(平成7年) ビ-アンドエス(株)資本金4,000万円に増資。
マルチチャンネル型高感度鉄片検出器ATTER-DSMを発売。(日本金属探知機製造)
PLコンベア-卓上型ATTER-V301を発売。(日本金属探知機製造)
検針器用テ-ブルKT-1・KT-2を発売。(日本金属探知機製造)
ワンタッチクランプ『 てだすけ君ワイド 』を発売。(竹内電機製作所)
1996年(平成8年) 愛知県一宮市に日本金属探知機製造(株)名古屋営業所を開設する。
ハンド型検針器ATTER-51を発売。(日本金属探知機製造)
ハンディ型検針器ATTER-59Aを発売。(日本金属探知機製造)
(株)竹内電機製作所 東京出張所、名古屋出張所を開設。
(株)竹内電機製作所資本金4,800万円に増資。
日本金属探知機製造(株)資本金4,800万円に増資。
1997年(平成9年) コアヘルス(株)生命保険代理店業務を開始する。
ス-パ-マルチチャンネル型高感度鉄片検出器ATTER-SPMを発売。(日本金属探知機製造)
壁掛型鉄片検出器ORB-300Kを発売。(日本金属探知機製造)
電極アンプ一体型検出器ORB-200Iを発売。(日本金属探知機)
小型探知器ORB-P5を発売。(日本金属探知機)
バイブレ-タ-付ハンド型検針器ATTER-51Vを発売。(日本金属探知機)
鉄片吸着器ハリキャッチャ-HC-11を発売。(日本金属探知機)
警察庁向け超小型金属探知器MICRO-ATTER SD-1、SD-2を発売。(日本金属探知機)
圧着機を発売。(竹内電機製作所)
モ-タ-レンチ『 リナッター 』を発売。(竹内電機製作所)
ハイカルシウム入りキャンディ-『 はいかる倶楽部 』が登録商標となる。(コアヘルス)
1998年(平成10年) 靴専用金属探知器を発売。(日本金属探知機)
日本金属探知機のホ-ムペ-ジを開設する。
てだすけ君専用はんだ吸煙器『 吸煙くん 』を発売。(竹内電機製作所)
ハンド式金属探知器MH5を発売。(日本金属探知機製造)
ハンド式金属探知器METOR22を発売。(日本金属探知機製造)
鉄片検出器検出記録装置ATTER-PRNを発売。(日本金属探知機製造)
ピンプロ-ブ接続治具プロ-ブテスタ-を発売。(竹内電機製作所)
ハンディ型検針器ATTER-51ロングを発売。(日本金属探知機製造)
小型金属探知機ATTER-INSPECTORを発売。(日本金属探知機製造)
継ぎ目センサ-ORB-JDを発売。(日本金属探知機製造)
ト-タルカウンタTK-573を発売。(竹内電機製作所)
1999年(平成11年) フラットケ-ブル接続治具FK36を発売。(竹内電機製作所)
検針器PLコンベア-卓上型ATTER-V302を発売。(日本金属探知機製造)
コンベヤ-型金属探知機ATTER-V8AMIを発売。(日本金属探知機製造)
オ-トスタンプTJ-22を発売。(竹内電機製作所)
フラットケ-ブルカッタ-FRCCを発売。(竹内電機製作所)
鉄片検出器検出カウンタ-KC-2を発売。(日本金属探知機製造)
ト-タルカウンタ-TK-340を発売。(竹内電機製作所)
測長器ORB-LMを発売。(日本金属探知機製造)
キャスター付検針器ORB-603を発売。(日本金属探知機製造)
ゴム専用探知機ORB-656を発売。(日本金属探知機製造)
検針機PLコンベアー卓上型ATTER-V302Wを発売。(日本金属探知機製造)
検針器ORB-511を発売。(日本金属探知機製造)
コアヘルス(株)ホームページを開設。(コアヘルス)
株)竹内電機製作所ホームページを開設。(竹内電機製作所)
ビーアンドエス(株)ホームページを開設。(ビーアンドエス)
2000年(平成12年) オーブグループ企業理念を刷新。
2001年(平成13年) 据付型鉄片検出器 検出電極IPD-11Aを発売。(日本金属探知機製造)
2002年(平成15年) ハンド式金属探知機JM-9Ⅱを発売。(日本金属探知機製造)
ダブルゲート検針機ATTER-M08W(連結型)を発売。(日本金属探知機製造)
卓上型検針器ATTER-78WRを発売。(日本金属探知機製造) 据付型鉄片検出器 厚物用検出電極IPD-12Aを発売。(日本金属探知機製造)
2003年(平成15年) ハンド式金属探知器JM-9SPを発売。(日本金属探知機製造)
ダブルゲート検針機ATTER-M08WS(一体型)を発売。(日本金属探知機製造)
2004年(平成16年) ハンド式金属探知器MH6を発売。(日本金属探知機製造)
ダブルゲート検針機M08H、M08HB(一体型)を発売。(日本金属探知機製造)
2005年(平成17年) 金属試験片が登録意匠となる。(日本金属探知機製造)
ダブルゲート検針機が登録意匠となる。(日本金属探知機製造)
オーブワンタッチクランプ ”てだすけ君クイック”を発売。(竹内電機製作所)
2006年(平成18年) コンベヤー式検針機ATTER-800LC1を発売。(日本金属探知機製造)
2007年(平成19年) ハンディ型検針器ATTER-120Rを発売。(日本金属探知機製造)
ダブルゲート検針機ATTER-800LC2を発売。(日本金属探知機製造)
コンベヤー式検針機ATTER-M1515を発売。(日本金属探知機製造)
2008年(平成20年) 多機能型高感度アンプ内蔵コントローラATTER-JM350S/350Tを発売。(日本金属探知機製造)
2009年(平成21年) ゲート角60度新型ダブルゲート検針機ATTER-880LC2を発売。(日本金属探知機製造)
ハンディ型検針器ATTER-130Rを発売。(日本金属探知機製造)
2010年(平成22年) オーブワンタッチクランプ ”NEWてだすけ君2”シリーズを発売。(竹内電機製作所)
X線異物検査装置NX3-195020を発売。(日本金属探知機製造)
デスクトップコンベヤーATTER-S102、ATTER-S104を発売。(日本金属探知機製造)
2012年(平成24年) コンベヤー式検針機ATTER-880LC1-140を発売。(日本金属探知機製造)
20013年(平成25年) コンベヤー式金属探知機ATTER-V8AMi2wを発売。(日本金属探知機製造)
コンベヤー式検針機ATTER-M08Ⅱを発売。(日本金属探知機製造)
2015年(平成27年) コンベヤー式検針機ATTER-900LC1を発売。(日本金属探知機製造)
コンベヤー式検針機ATTER-900LC2を発売。(日本金属探知機製造)
多機能型高感度アンプ内蔵コントローラATTER-IS600S/600Tを発売。(日本金属探知機製造)
2016年(平成28年) ハンド式金属探知器JM-9Vを発売。(日本金属探知機製造)

Page Top